健康を左右するベッドの重要性について

私達の体は睡眠を取ることで疲労が回復したり、体内の機関を休めて正常に働かせるなど、睡眠は健康とは切り離せないほど重要なものです。多くの方が睡眠時間を6時間以上は取っていますから、1日の4分の1から3分の1を占めています。そんな健康と深い関わりがある睡眠の質を左右するのがベッドです。大きさやマットレスの状態など、自分に合っていないベッドで寝ていると疲労がなかなか取れなかったり、腰痛などを引き起こす原因にもなります。日本の住宅事情も大きく変化してきて、現在ではフローリングの洋室が主流になっています。そのため、布団で寝るよりもベッドを使用している方が増えています。布団のように上げ下ろししなくてもいいという利便性があり、眠たくなったらすぐにベッドにもぐり込むことができます。また、床からある程度の距離がありますから、湿気にも強いというメリットがあります。快適な睡眠を得るためにもこのような利点を生かして、自分に合ったサイズや固さのものを選ぶようにしましょう。

ローベッド

http://www.npoiisa.com/introduce/92024.html

佐倉伸洋のサイト

小川淳子のサイト

小川淳子のサイト

最新投稿

  • 収納多数のロフトベッドについて

    子供部屋や一人暮らしの部屋、収納が少ない部屋で活躍するのがロフトベッドです。机と収納と飾り棚とベッド …

    続きを読む...

  • ベッド選びは、まずは自分に適したマットレスを

    寝床が自分の体に合っていると、睡眠の質が向上します。寝床として、床に布団を敷いている人、ベッドにマッ …

    続きを読む...

  • 寝具としてのベッドについての説明

    日本では畳の上に布団を広げて、その上で寝る人のが一般的でしたが、ベッドが登場してからはそこで寝る方も …

    続きを読む...

  • スペースを確保できる一人暮らしに向いたベッド

    一人暮らしの方はワンルームだったりなど、部屋のスペースをなかなか確保しにくい場合があります。大きなベ …

    続きを読む...